食事前と食事後の運動はどちらが良いのか??

fitness

こんにちは。

HIROです。

「今日は食事前と食事後の運動」

についてお話します!!

あなたは、食事前に運動しますか?

それとも、食後に運動しますか?

どっちが良いのか

悩まれている方も多いのではないでしょうか?

この2つの違いは何なのか??

それは、運動によって

脂肪を減らしたいのか?

脂肪が付くのを防ぎたいのか?

という違いです!!

まず、食前に運動をすると

メインのエネルギーが少ない状態で

活動が行われることになります。

すると

昨日のブログに書いているように

予備のエネルギー源である脂肪が

エネルギーへと変換され使用され始めます。

そのため

食事前の運動は脂肪を減らすには最適です。

次に、食後の運動ですが

食後は血糖値というものが上昇します。

血糖値が高くなりすぎると血中の糖を

脂肪に変えてしまいます。

運動後に軽い運動をするとこの血糖値の上昇を

抑えられるという事が分かっています。

つまり、これから脂肪に変わるはずのものを

運動によって事前に防いでいるのです。

そのため

食後の運動は脂肪が付くのを防ぐには効果的です。

これらの事から

あなたの目的が脂肪を減らしたいのか

脂肪が付くのを防ぎたいのかを考えて

運動を行うことをオススメします。

では、どのような運動が良いのか??

食前に運動をされる方は

ウォーキングなどの有酸素運動を

20分~30分行いましょう!!

初めは、10分からでも構いません。

筋トレもしてほしいのですが、空腹の場合は

筋トレはやめておきましょう!!

激しい運動の筋トレは脂肪をエネルギー変換

してる暇なんて無いと感じ

筋肉を分解してエネルギーを作り出してしまいます。

筋肉が減ると太りやすくなりますし、

脂肪をエネルギーとして使ってくれないなんて

マイナスしかないです(´;ω;`)

筋トレは重要ですが

空腹を避け行いましょう!!

そして

食後は、軽い運動がお勧めです。

ウォーキングなどの軽い運動は胃腸の働きも高めるので

ウォーキングをお勧めします。

しかし、食後はそんなに長い時間はする必要はありません。

10分もウォーキングをすれば上出来です!!

そして注意点として、

食後30分~1時間の間で運動は行いましょう!!

食後すぐ運動してしまうと

消化不良になり、健康に良くないです。

また、血糖値が高い値になるのも食後30分~1時間の間

なので、効率的になります。

ぜひ、これらを踏まえ

今日から試してみてください!!